プロフィール

mama11_2237おおらかなワタシ回復カウンセラー 若林かおり

子育て中の女性が、
本当は笑顔でいたいのに、子どもや旦那にイライラしてしまう…
という方に対して、
本来の優しくおおらかなあなたに戻り、
旦那様との関係を改善し、
子どもにも笑顔でいられる穏やかな毎日を取り戻す
3か月間のカウンセリングプログラムを提供しています。

2011年9月 プロコーチ、カウンセラーとして独立
これまで主に子育て中の女性250名以上の方をサポートしてきました。
2015年4月 ㈱ナチュラル・コーチ 設立
2児の母

 

プロフィール詳細

0049_large

カウンセラー、人を育て、相手の可能性と能力を引き出すコーチ、
そして、コミュニケーション講師、

今は、悩める女性をサポートする私ですが、
私もかつて、理想の母親、妻、女性像とはかけ離れ、
毎日感情に振り回され、
子どもや旦那に八つ当たりをしていました。
*******

子供がまだお腹にいたときは、
多くの女性がそうであるように、子供を迎える迄の時間を楽しみに、
幸せいっぱいの家庭を描いていました。
妊娠中
かわいい子供をみて、夫と微笑みあう…
なんていう姿を疑いもしなかったのです。
「子育ては大変だよ。」という言葉を聞いても、
「私なら大丈夫!だって、これまで、人間関係はうまくいってきて、
コミュニケーションには自信がある!
仕事ぶりは認めてもらえてきた。」
と、できる自分以外を想像しませんでした。
子供がどんなに泣いても、わがままでも、笑顔で、優しく、おおらかに子供を見守る自分になりたい、なれるはず、と思っていたのでした。
しかし、実際子供が生まれてみると、想像すらしなかった地獄が待っていたのです。

 

こんなはずじゃなかった…子育て

パズル 未完了

その地獄の始まりは、すぐにおとずれました。
産まれてきた赤ちゃんのお世話に、四六時中追われ、

自分の時間ゼロ。
ホルモンの関係もあったのか、思った以上のストレス。
私はとっても疲れていて、とっても大変なのに、
夫や周りは、私のことなど気に留めず、
幸せそうに赤ちゃんを抱いている。
「あなたたちは、何もしていないものね!」とひねくれた気持ちも出てきました。
そのストレスか、かわいいはずの子供にイライラ。
そして、そういう自分に嫌悪。
子育てどころか、自分自身もコントロールできない
なぜうまくいかないの?
いつまでこれが続くの?

という不安と焦り。
それは、私描いていた理想の母親とは程遠い自分でした。
「もっとできるワタシなはずなのに…
…自信喪失でした。

こんなはずじゃなかった…夫婦関係 

夫婦の約束

さらに、子供の成長をともに

喜び微笑みあうはずの夫との関係も暗雲が…。
『私の生活はこんなにも変わってしまったのに、あなたは何一つ変わらない!』
『それに対して、私への配慮もない!』
と、不平等感が沸き起こり、

夫に対してもイライラ…
また、夫もイライラしている私に、

イライラ…そしてケンカ。
何度もこのパターンを繰り返しました。
そうして、次第に目も合わせない、口も利かないという状態が続き家庭内は殺伐とし
「これはもう離婚以外ない!!」と家庭崩壊寸前でした。

子育てもうまくいかない夫ともうまくいない
どうして何もうまくいかないの!?
自分へのもどかしさが、夫への不満につながり、弱い娘へのイライラに変わっていくという、悪循環。
子どもに対してのあたりは日に日にエスカレートしてきました。

子どもらしいわがままや、失敗に対して、
「何が不満なの?私の何が気に入らないの?!」と、見当違いの八つ当たりをしたり、
今の声私?!と、自分で驚くほど怒鳴ったり。
子供をかわいがれない、かわいいと思えない私は、人としてどこかおかしいのではないか…。


変わってしまった自分に戸惑い、
『私は一体どうしてしまったのだろう?』
『なぜこんな風になってしまったのだろう?』
そして、『こんな私にだれがした?』
と、結婚、子育て、夫、そして、自分自身に対して失望していました。

何とかしなくては…ともがいた時期

とはいえ、理想の自分、なりたい自分とは大きくかけ離れていく状態に、何もしなかったわけではありません。
子育て本を読んだり、行政が行う子育て講座に出かけたり。
私の心は疲れている!と、子供を預けてランチに行ったり、趣味の時間を作ったり。

しかし、それは一時的な気晴らしで、家庭に戻ればまた元通り。
仕事を始めれば、気分も晴れるかと、就職活動をし始めても、
幼い子持ち主婦には、選べる仕事は少なく、
あの頃のように仕事に打ち込めない…と、ますます、目の前が真っ暗
娘に怒鳴りつける自分を止められないのと、涙が止まらなかったある日は、
ついには心療内科に電話をしました。
病名はないけれど、つらいなら…と、
ホルモンバランスの乱れ、とイライラを抑える薬を処方されました。
でも…飲みませんでした。
薬が根本解決になるとは思えなかったからです。
(今も、この選択は正しかった!と思っています。薬に頼っていたら…)
病気じゃない
気晴らしも効果なし
仕事もできない

私には、なんの自信も未来への希望ない…。
もう、何をしたらいいのかも分からない。
どうして、こんなにイライラするのかもわからない
毎日、泣くかイライラするか、どちらかの日々。
怒り、悲しみ、

まるで感情のジェットコースターに乗っているようで、心休まる日はありませんでした。
そして…そんな状態の中、一番恐れていたことが起こりました。

娘が心のストレスから心身症に…

子供の悩み

母親である私は精神的に不安定、夫婦仲も悪い、
そんな殺伐とした家庭の中で、

娘が健やかに育つはずはない…。
娘に大きな傷を作っていたらどうしよう
イライラしながらも私が恐れていたことでした。
実際、子供は、私の表情を見たり、ちょっとしたことでビクビクしたり。
また、当時は認識していませんでしたが、心のストレスが体に出てしまう

『心身症』を発症していました。

特に腸は心ととても深く関係しています。
娘は、ひどい便秘症でした。

私が変わらなければ…
でも、どうしたら…
私がすべて悪い。
どうしたらいいかわからない、

自分を責めるばかりでした。

しかし、そんな私に、変化のチャンスが訪れます。
それは、全く排泄ができない日が数日続き、苦しむ娘を、近所の小児科に連れていったことからでした。

便秘を治してもらうために行った病院。
しかし、そこで私は、便秘治療とは違うとあるメニューを案内されました。
それは、院長が必要だ!と思う人にしか案内しない完全裏メニュー。
心理カウンセリングでした。
「私が原因」と、心当たりがありながら、

娘の心を心配していた私は、娘の心のケアをしてくれるのか…

と、喜んでいたのですが、なんと、私の診察券が作られ、『私のカウンセリング』が始まったのです!

そして、そのカウンセリングが私のその後を分ける出会いとなります。
今思うと、娘が体を張って私をカウンセリングに連れてきてくれた。
そんな風に思っています。

過去の私とつながる

私は、ごくごく普通の幸せな家庭で育った。
……そう思っていました。
父は一生懸命家族のために働き母は子供を第一に考え、家庭を守っていました。
まさに理想の家庭。
ですから、

まさか、自分の育った環境が、私と子どもとの関係に影響を及ぼしていたなど全く考えていませんでした。
しかし、

どんなにいい親の元に生まれ育てられようと、子供時代に、良かれ悪かれその親から受け取ったものが誰にでもあります。
それは、親が意図せずとも、
その時の自分が「感じたこと」「思い込んだもの」などです。

私は、過去の親子関係を振り返り、

その時私が感じていたこと、抱えていたことをたくさん知り、その影響に気づきました。
例えば「母親になること」のネガティブイメージは、両親の姿から持っていました。

  • 子供・家族のためにと家庭に入っていた母を見て、「私たちのせいで我慢している」と思っていたこと
  •  父の行動に感情が左右される母の姿
  •  父に守られるしかない不安定な生き方

その姿から私が「恐れ」として持ったことが、

  • 自分が社会から不必要とされること
  • 自分の力で生きていけなくなること
  • 誰からも必要とされなくなること
  • 子供のために自分の人生を犠牲にしなくてはいけない

などでした。
それらの恐怖から逃れたくて、もがいていました。
そして、驚いたのは、私の夫へのコミュニケーションの取り方、
感情の起伏の激しさが、母親そっくりだったこと!
幼いころ、いやだな…と感じていた部分がそのまま私に引き継がれていました。
このように、過去を振り返り、過去と今がつながり、私の見えていた世界が変わりました。
これまで、やっていた

誰が悪い?

私?夫?子供?結婚?
という犯人捜しをやめました

私も、誰も悪くない。
今ある状況は、そうやって生きてきた結果に過ぎない。と。

そして、

これまで抱えてきた荷物を下ろし、その多さを知り自分を労いました。
「これまで、こんなに荷物を抱えていたんだ…つらかったね、頑張ってきたね。」
と。
私は、本来の私、私らしい私に戻ったようでした。

そこから、親子関係、アダルトチルドレン…カウンセリングの先生から直接教えを頂き、
セミナーなど、親子関係の仕組みを深く学んでいきました。

現実がみるみる変わったコーチング

カウンセリングを受けることをさらに効果的にしたのが、以前から学び続けていたコーチングでした。
カウンセリングによって、過去の自分と今がつながり、コーチングでは、今、ここにいる自分にフォーカスし、
必要なコミュニケーション力が付き、ほしい未来に向かって進むアプローチ。
この2つのアプローチの相乗効果で、とても短い時間で、これまで苦しみつづけた自分が嘘のように変わってきました。
生きている世界が違うのではと思うくらい具体的には

  • イライラしなくなった(感情とうまく付き合えている)
  • 不安がなくなった
  • 幸せを感じるようになった
  • 子供とのかかわりに自信が持てるようになった
  • おおらかな気持ちで子供を見守ることができた
  • 自分も相手も大切にできるコミュニケーションを身につけた
  • 私が変わったことで、娘もすぐに変化しました。
  • 笑顔が増え、幼稚園で友達や先生との関係作りができるようになった。
  • 自分の気持ちを素直に表現することができるようになりました。
  • 心配していた心身症が治った
  • 諦めていた夫との関係も激変しました
  • 夫が私にいろんな話をしてくれるようになり夫婦の会話が増えました
  • 私のすることを尊重してくれるようになり、応援してくれるようになりました
  • 子供を預けて2人で日帰り旅行も
  • 共通の趣味をもって2人でジョギングやテニスをすることも

あんなに苦しかった子育てが、こんなに幸せなものだったなんて。
目も合わせない口も利かない!

修復不可能!と思っていた夫婦関係が、こんなにラクで心地いい関係に変わっていくなんて。


あぁ、こんな未来があるなんて、諦めなくてよかった。

苦しくとも辛くとも頑張った自分
そして、こんな幸せをくれた子供と、夫に感謝です。

家庭と自分、土台が整った今…

セミナー
自分や家庭が整い、これで一件落着。
これ以上の幸せはない!
と思っていましたが、私は、それから、望んだ以上の幸せを手に入れました。

子育てや自分の土台となる家庭が落ち着き、私はコーチングの魅力にとりつかれ、コーチングに夢中になっていました。

そして、

自然と私もコーチという仕事をしていきたい!と思うようになっていました。
しかし、コーチとして仕事をする!と、決めたものの、
誰の役に立てるのか、私にはわかっていませんでした。
子育ては失敗しているし…
私ほど不器用な人はいないだろうし…
なんて思っていました。

そう思いながらも私の暗黒時代の経験や想い、葛藤をブログで発信したところ、驚くことが起きました。

ブログのアクセス数はぐんと伸び、パーソナルコーチングを募集すると、毎月満席という状態。

こんなにたくさんの方が、私と同じように悩み苦しんでいるんだ!と、驚きました。

 

そしてお話を聞いていく中で、当時の私と同様
子供に夫にイライラし、八つ当たりする自分に対して、
「なぜ、こんな私になってしまったの?」と、自分への失望と、自分自身を責めて、
より自分を苦しめている方

多くいらっしゃいました。
そのような状態でも、1対1のパーソナルコーチングでサポートをする中で、
クライアントさんのイライラが減り、子供や旦那様との関係がよくなり、
本来のご自身に戻り、イキイキと幸せそうにされていく変化を見て、
「私の経験や、アプローチは多くの方に役に立てられる!」
と確信しました。
そうして私は、カウンセラー・コーチという天職を見つけたのです。
*********
誰も好きで、子供にイライラしたり、一緒になった旦那様と不仲になるわけではありません。

頑張っても、なんとかしなきゃと思っても、
大切にしたいものが、目の前で崩れていく状態にどうしたらいいのかわからず苦しんでいます。
子育ては、家族関係はつらく苦しいもの結婚は幸せではない
結婚なんて、子育てなんてするんじゃなかったと、
多くの方は、その状況を諦め、後悔し、仮面夫婦になっていくか、離婚という状況になってしまいます。
どちらも、本当は、誰も望んでいない結果であるにもかかわらず。
そしてもちろん、そのどちらも子供の人生に大きく影響を与えます。
何よりあなた自身の自己評価が下がり、心の傷を深くします。
私はそれをとてももったいないと感じています。
なぜなら、諦めないで済む方法があるのですから。

もう自分を責めなくても大丈夫です。
諦めなくていいんです。
我慢もしなくていいんです。

私がそうであったように、

誰でも自分自身と現状を変えることができるのですから。
結婚前、そうであると疑わなかった生活…
朝は、窓から入る朝日で目を覚まし、
起きてきた夫や子供を笑顔とおいしい朝ごはんで迎え、それぞれの場所へ送り出し、
夕方は、また、家族を笑顔で迎え、

お互いのその日一日の出来事を分かち合い食事をする。
そんなごくごく普通の日常。
夫とは、仕事の話や子供の話をたくさんして、お互いを信頼、尊重し、お互いにとって居心地の良い家庭を作るパートナーとなりたい。
子どもがいても、二人の時間と大人の会話を楽しんだり、子どもが大きくなった後は、二人で旅行に行ったり。

こんなの儚い夢だった、と諦めていたものが、今はすべて叶えることができています。
さらに、想像すらしなかった未来も手に入れることができています。
もう、夢中になんてなることないと諦めていた仕事
選択肢が狭められたと思っていた未来
打ち込める仕事に出会い、子どもや夫がいることで、選択肢が狭まれるどころか、

これまでなかった選択肢が目の前に広がっています。

私は、女性が家庭や子育てのある人生を制限と感じることなく、
より幸せだと感じる人を増やしたい。そう思っています。
次はあなたの番です。
あなたと、あなたの大切な人たちのために、

諦めず変わっていきましょう。

家族

TOPへ

";